git remoteの使い方

リモートリポジトリを編集する

リモートリポジトリを操作する

リモートリポジトリを追加する

カレントディレクトリにリモートリポジトリの情報を追加するには、git remote addを使います。

$ git remote add <remote name> <url>

gitでは、デフォルトのリモートリポジトリ名は、originになります。 よく見るgit remote add origin ~の意味は、~で指定したリモートリポジトリを、originという名前でリモートリポジトリとして登録する、ということになります。

なので、origin以外の名前も付けられます。複数のリモートリポジトリを登録する場合は、分かりやすい名前を付けておくとよいと思います。

git remote add github <url>
git remote add heroku <url>

gtihubのリポジトリを、リモートリポジトリとして追加する場合は、以下のようになります。

$ git remote add origin https://github.com/XXXXXXX/test-repo.git
git remote origin git@github.com:yyyyyy/zzzzzz.git

リモートリポジトリを削除する

$ git remote remove <remote name>
$ git remote rm <remote name>

デフォルトのリモートリポジトリを削除する

$ git remote rm origin

herokuのリモートリポジトリを削除する

$ git remote rm heroku

リモートリポジトリを表示する

登録したリモートリポジトリは、git remoteで表示することが出来ます。

$ git remote
$ git remote -v # URLを表示する

リモートリポジトリの詳細を表示する

$ git remote show <remote name>

リモートリポジトリ名を変更する

$ git remote <old remote name> <new remote name>

リモートリポジトリのURLを変更する

typoなどで登録しているリモートリポジトリのURLが間違っている場合は、set-urlで修正できます。

$ git remote set-url <remote name> <new url>

GitHubのリモートリポジトリURLを変更する

リモートURLをHTTPSからSSHに変更したい場合は、下記のようになります。

$ git remote set-url origin git@github.com:<USERNAME>/<REPOSITORY>.git

See Also

リモートリポジトリの操作

clone, push, fetch, pullなど

git config

gitのパラメータを設定する

基本操作

init, add, remote, commit, reset, rm

ブランチの操作

ブランチを作ったり合わせたり

ファイルの移動

ファイルの移動と名前変更

HugoとGitHubとNetlifyで静的サイトを簡単に作成

Hugoで作った静的サイトをGitHubにプッシュしてNetlifyにデプロイ