基本操作

init, add, remote, commit, reset, rm

リポジトリ

リポジトリとは、ファイルやディレクトリの状態を記録する場所です。

バージョンを確認する

$ git version

Gitの設定

Gitの設定ファイル

Level 設定ファイルの保管場所
system /etc/gitconfig
global ~/.gitconfigまたは~/.config/git/config
local repository/.git/config

設定ファイルは、System -> global -> localの順で読み込まれ、上書きされていきます。

設定値の変更は、git configを参照してください。

ワーキングディレクトリにリポジトリを作る

$ git init

ステージング前のファイルを操作する

変更したファイルをHEADと同じ状態に戻す

git checkout <FILE NAME>
git checkout HEAD <FILE NAME>
git checkout . <FILE NAME>
git checkout <COMMIT ID> <FILE NAME>

変更したディレクトリを元に戻す

git chekcout <DIRECTORY NAME>

管理対象ではないファイルを削除する

git clean -n
git clean -f

ワーキングディレクトリにあるファイルやディレクトリをインデックスに追加する

git add . # 新しく追加されたファイルをインデックスに追加
git add -u # 変更や削除されたファイルを更新
git add -A # 上記の両方を行う
git add <file>
git add <directory>

hello.htmlファイルをローカルリポジトリのインデックスに追加する。

$ git add hello.html

インデックスに追加されたファイルをローカルリポジトリにコミットする

変更されたファイルを、リポジトリに記載するには、git commitを使用します。

$ git commit [options]

メッセージ付きでコミットする

-mオプションを使用することで、コミットメッセージを書くことができます。

git commit -m "message"

コミットメッセージを修正するには、--amendオプションを使用します。

git commit --amend -m "message"

変更点を表示してコミットする

git commit -v

変更状況を確認する

$ git status

変更したものとの差分を確認する

$ git diff

変更履歴を確認する

$ git log

元に戻す

直前のコミットを取り消す

$ git reset HEAD^

ステージングを取り消す

$ git reset <filename>

ファイルを削除する

ディレクトリからもリポジトリからも削除する

$ git rm <filename>

ディレクトリごと削除する

ディレクトリごと消去するには、-rオプションを使用します。

$ git rm -r <directory>

リポジトリからのみ削除する

ファイルをgitの管理対象から外します。ディレクトリ内にファイルは残ります。

$ git rm --cached <filename>

.DS_Storeをコミットしてしまった時などは、git rmでリポジトリから削除しましょう。

$ git rm --cached .DS_Store

See Also

git config

gitのパラメータを設定する

git remoteの使い方

リモートリポジトリを編集する

ブランチの操作

ブランチを作ったり合わせたり

ファイルの移動

ファイルの移動と名前変更