オブジェクトクラス

Rではオブジェクトはクラス属性を持つ。

代表的なクラスは以下の通り。データ型を確かめるにはclass()を用いる。

数値 (numeric)

> class.num <- c(3, 5, 7)
> class(class.num)
[1] "numeric"

整数 (integer)

文字列 (character)

> class.char <- c("apple", "banana", "orange")
> class(class.char)
[1] "character"

因子 (factor)

論理値 (logical)

論理値はTRUEもしくはFALSEをとるデータ。

> classs.logical <- c(TRUE, FALSE, TRUE, FALSE)
> class(classs.logical)
[1] "logical"

See Also

ベクトルの集合演算

ベクトルの和集合・積集合・差集合・相当な集合

math

数学関数を使用するためのモジュール

lambda式

無名関数を定義する

集合

重複しない要素の集まり

RStudio

Rのための統合開発環境