ls

ディレクトリ内の詳細を表示する

カレントディレクトリの詳細を表示する

ls

ドットファイル(隠しファイル)も表示する

ls -a
ls --all

.ドットで始まるファイルはいわゆるドットファイルは、隠しファイルとなりlsコマンドでは表示されません。-aオプションもしくは--allをつけて実行することで、ドットファイル(隠しファイル)も表示されます。

ロングフォーマットで表示する

ls -l

-lオプションをつけると、下記の項目が表示されます。

~/snap$ ls -l
合計 8
drwxr-xr-x 5 user user 4096  1月 21 10:54 brave
drwxr-xr-x 4 user user 4096  1月 19 16:48 code

サブディレクトリも再帰的に表示する

lsコマンドはカレントディレクトリに対して実行されますが、サブディレクトリの中身も同時にみたい場合があります。そういう場合は、-Rオプションを付けると、再帰的に実行され下部のディレクトリまで表示します。

ls -R

See Also

LFTP

FTPサーバに接続してファイルを転送するコマンド

SSH

リモートマシンにログインする

ssh keygen

ディレクトリ内の詳細を表示する

os

OSの機能を使用する